Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

ジャーナルアーカイブの移行

法的開示要件のある規制対象の業界や組織では、従来、Enterprise Vaultジャーナルなどのサードパーティ製Eメールのジャーナルソリューションを使用してニーズを満たしてきました。 しかしながら、Office 365の大量導入に伴い、「データを家に持ち帰る」ことと、ジャーナルアーカイブをMicrosoftクラウドに移行することへの要望が高まっています。

当社のジャーナル移行専門のスペシャリストチームが、ジャーナルアーカイブをExchange Onlineに移行することで、コンプライアンスデータのクラウドへの接続を確保し、電子情報開示の環境をアップグレードするお手伝いをします。

Quadrotechには、世界で最大規模のOffice 365移行プロジェクトにおける計画および実行の経歴があります。 パワフルなソフトウェアと経験豊富な実行チームという当社特有のコンビネーションが、組織のレガシーアーカイブの使用を刷新するサポートをします。

ジャーナルアーカイブの移行
Eメールジャーナルの進化

Eメールジャーナルの進化

従来のExchangeジャーナルのメールボックスは、組織全体にわたる通信記録のスタンドアロンのリポジトリとして機能していましたが、Office 365には同等のものがなく、Eメールデータがユーザレベルで保持および監査されるようになりました。 しかし、これは事実上、レガシー・ジャーナル・アーカイブはクラウドとの互換性がないことを意味します。では、Microsoftの新しいモデルに準拠しながらデータを移行するにはどうすればよいのでしょうか。
ジャーナルアーカイブの移行オプション

ジャーナルアーカイブの移行オプション

Quadrotechでは、2つのジャーナル移行オプションを提供しています。いずれもコンプライアンスに準拠し、Eメールコンテンツの100%保存を確実にします。 Journal Transformationオプションでは、ジャーナルアーカイブからエクスポートされたEメールをすべて取り込み、ユーザのメールボックスの非表示部分でEメールのそれぞれの送信者や受信者に配置します。 また、Virtual Journalオプションには、Office 365の複数のメールボックスにジャーナルアーカイブを分割する機能が含まれています。
ジャーナルの変革

ジャーナルの変革

当社の革新的移行手法は、ジャーナルアーカイブ内の各アイテムを分析し、該当するメッセージのコピーをそれに関連付けられた各メールボックスに挿入することを意味します。 基本的に、この手法では、Office 365が最初に取得したかのようにデータが表示されるため、重要なデータガバナンスを簡素化し、エンドユーザから隠されたインプレースストレージを介してEメール保持の規制に準拠できます。

特長

  1. 高度な受信者の管理: 識別、フィルタリング、クレンジング、レポート作成、およびマッピングを巨大な規模で実行
  2. オートメーション: ユーザの有効化、代替アドレスの把握、クォータの感度
  3. ライブユーザの管理: 新規離職ユーザ、アドレス変更、メールボックスのレポート作成
  4. 退職者の管理: 離職した従業員のデータ特定および移行、範囲内すべてのジャーナルアーカイブをカバーする退職者の対象メールボックスを自動でプロビジョニング
  5. 統合: 複数のジャーナルやジャーナル形式を、最新のOffice 365データガバナンスモデルに統合

ジャーナルアーカイブの移行サービス

ジャーナルには、数年間にわたるデータが含まれることがあり、数十億ものメッセージが存在する可能性があります。 Transformationプロジェクトでは、コピーをすべての適切なメールボックスに書き込まれるよう、環境内のすべてのメッセージに関連付けられたすべてのアドレスの処理と確認が必要です。 ジャーナルアーカイブ移行に取り組む場合、このような課題をしっかりと理解して解決できるベンダーと提携する必要があります。
移行サービスのメリット

移行サービスのメリット

Quadrotechの高速かつフレキシブルで高度に自動化されたジャーナルアーカイブの変革サービスは、選択的な移行を可能にします。通常、訴訟ホールドに関わるユーザ向けです。

特長:

  • ビジネス要件に合わせてデータを移行する
  • 別のメールボックスではなく、ユーザのメールボックスにメッセージを取り込む
  • プロジェクトに関係するすべてのデータの総合的なレポート作成にアクセスできる
  • 破損またはジャーナルアーカイブから失われたユーザデータを再作成する
  • 証拠保全を保持する
ネイティブOffice 365データガバナンスのメリット

ネイティブOffice 365データガバナンスのメリット

ジャーナルアーカイブを変革し、Office 365のデータガバナンスに向けて移行を進めると、コスト削減、セキュリティ向上、複雑性低下というメリットを得ることができます。

Office 365を使用すると、追加料金なしでインプレースアーカイブやExchange Onlineの訴訟ホールド、および電子情報開示を利用できるため、オンプレミスのジャーナルアーカイブの維持はほとんどが不要になります。 すべての情報を1つのエコシステム内に保存できるため、法的調査が実行しやすくなり、証拠保全もより堅牢になります。 セキュリティは継続的に適用され、統合された記録管理により防御可能な削除を簡単に実証できます。

Enterprise Vaultジャーナルの変革

Enterprise Vaultジャーナルの変革

Enterprise Vaultジャーナルはオンプレミスデータの時代に主流でしたが、クラウドベースのEメールジャーナルなら、レガシーデータを変換してOffice 365に移行することで、効率的に実現できます。

オンプレミスのEメール・ジャーナル・ソリューションを離れて移行することで、Eメールデータ全体から電子情報開示を検索するという重圧からITチームを解放することができます。 ただし、コンプライアンスチームに役立つソリューションを与えない限り、チームは重荷から逃れられません。

ジャーナルアーカイブ移行は複雑で時間がかかります。また、データに適した現在および将来の要件を考慮しなければ、組織にとって適切なオプションとなりません。 これは純粋にテクニカルなITプロジェクトではありません。ビジネスのその他の主要な関係者からの情報が必要なのです。 最善の行動方針を決定する際、選択肢を提示するお手伝いをします。

Quadrotechのマネージド移行サービス

Quadrotechは、数百TBにおよぶジャーナル移行経験があります。また当社のサービスは、「価格は固定、成果は安定」の手法により、想定される内容が正確に分かります。 プロジェクトやOffice 365ジャーナルに関する別の手法についてのご相談は、当社のスペシャリストチームにお問い合わせください。

今すぐ開始する

Quadrotechのジャーナルアーカイブ移行サービスでジャーナルを最新化します。