Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Office 365ライセンスの管理

Office 365ライセンスの管理に関して、組織は、コストがかかる次の2つの課題に直面します。

  1. 過剰購入: ライセンスの総数が、割り当てられる数を上回っています。
  2. 過少利用: ユーザ導入率が低く、ライセンスが割り当てられずに未使用のままです。

過剰購入は、他の用途に有効に使用できたはずの現金を消費しています。過少利用は、ユーザの生産性を向上させるという投資目的が損なわれています。 これらの課題に取り組むには、確かなデータに基づいたOffice 365の効果的なライセンス管理とユーザ導入戦略が必要です。 次に、データ駆動型のアプローチで、この情報を収集、提示、および利用するための適切なツールセットが必要です。

Nova - License Lifecycle Management overview 02:21
Quadrotech Novaには、レポート作成、委任、および導入の便利なツールが組み合わされています
Quadrotech Novaでは、レポート作成、委任、およびポリシー管理のツールが組み合わされており、IT、財務、およびビジネスユニットがOffice 365ライセンスの過剰購入と過少利用の問題に取り組めるように支援します。

Office 365ライセンスの管理が不十分な場合、どれだけのコストがかかるでしょうか?

Quadrotech Novaデータベースを調査したところ、Office 365ライセンス管理の問題の真の姿を浮き彫りにする衝撃的な数字が見つかりました。 Office 365 E3ライセンスを標準コストの優れた指標にすると、ライセンス数を適正化する大きなチャンスが得られます。

3.4 M

のO365ユーザを分析

18%

のライセンスが未使用

$150K

平均で E3ライセンス費用を浪費

Office 365ライセンスのライフサイクル管理

Office 365ライセンスのレポート作成

Office 365ライセンスのレポート作成

Quadrotech Novaのすべての項目が記載されたライセンスレポートは、未使用および不適切に割り当てられたOffice 365ライセンスを検出します。 ライセンス費用を最適化するためにこれを使用し、導入を引き下げ、再割り当て、または促進すべき場所を明らかにします。

Quadrotech Novaは、複数のソース(Teams、OneDrive、SharePoint Onlineなど)のOffice 365の使用状況レポート作成を広範なグラフ作成ライブラリと組み合わせ、ライセンスの使用状況と割り当てをタイムラインビューやグラフなどに可視化できるようにします。

個人が表示できる情報の範囲を定義する仮想ビジネス境界によって、詳細な事業部門ビューが実現されます。

委任とポリシー管理

委任とポリシー管理

ライセンスポリシーを使用すると、Office 365ライセンスを適用する機能を委任でき、ポリシーによって自動化できます。 ポリシーはActive Directoryグループに設定できます。または、クラウドのみの実装の場合は、仮想の組織ユニットを作成し、それに応じてライセンスを割り当てることができます。

委任を使用することで、ライセンスの割り当てを管理者または場合によっては部門マネージャに任せ、部門のニーズに応じてチームにライセンスを割り当てることができるため、ライセンスの無駄が減ります。

例えば、委任されたマネージャに、Microsoft PowerBI Pro、Visio、およびProjectライセンスのクォータを与えることができます。 ライセンスが要求されると、マネージャ(またはライセンス管理者)が適切なライセンスを適用し、クォータから削除されます。

内部請求

内部請求

レポート作成にかかる手作業が膨大になるため、多くの組織は、ライセンスコストをビジネスユニットに合わせるのに苦労しています。 これが、効果的な内部請求を行う妨げとなっています。

Quadrotech Novaライセンスレポートは、ライセンスタイプ、ビジネスユニット、会社、国、マネージャなどの詳細をレポートに含めることで、内部請求を実行するために必要なデータを抽出します。 これにより、必要に応じてチャージバックモデルを定義または改良し、事業部門やユーザグループ別に請求できます。

今すぐ開始する

Quadrotech Novaを使用してOffice 365のコストを削減し、導入を促進します。