Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Office 365の代理管理

Quadrotech Novaの委任とポリシーコントロール(DPC)機能は、IT管理者が社内の他のユーザにOffice 365アクションのコントロールを安全に委任できるようにすることで、Office 365 Tenantの管理を合理化および簡素化します。 これで、社内のヘルプデスク、国レベルの管理者、および組織全体の他の管理者は、それぞれの責任範囲内でOffice 365のアクセスと権限を効率的に管理できるようになります。

委任とポリシーコントロール
よりきめ細かい委任を提供する
大企業、複数のビジネスユニットを持つ企業、大学など、全体で広くアクセス権を委任する必要がある組織の場合、Microsoftのデフォルト管理者ロールよりもきめ細かい委任を提供することが特に重要です。

主なメリット

委任とポリシーコントロールにより、安全性の高い形で、また高度な管理者権限を必要とせずに、さまざまなタイプのユーザがより生産的に職務を行うことができます。

ヘルプデスク

サポートチームは、ユーザパスワードの設定、MFAのリセット、グループへのユーザの追加ができ、メールボックスへのアクセスを有効にすることができます。

調達担当

調達担当は、組織の各部門の人員にライセンスを割り当てることができます。

BUの所有者

ビジネスユニットの所有者は、命名規則が順守されていることを確認しながら、自分のチームを管理できます。

ラインマネージャ

ラインマネージャは、特定のビジネスユニットや場所の内部ユーザのため、自動応答を設定することができます。

HR

HR担当者は、ADやAzure AD内のユーザのデータ修正、メールボックスエイリアスの作成、転送の設定ができます。

Office 365の代理管理者アクセス

Quadrotech Nova DPCなどのツールセットがなければ、管理タスクを委任するためのネイティブ機能が限られるため、Office 365の代理管理は実現が困難になります。 多くの組織ではグローバル管理者(GA)の数を増やすことでこれを解決していますが、そうすると実質的にセキュリティのリスクを高めることにもなります。

Quadrotech Nova DPCは、以下の内容を提供することでこの問題を緩和します。

定義済みロール
カスタマイズ可能なOU
監査ログ
定義済みロール

定義済みロール

指定管理者は、定義された管理ロールと正確に揃える方法で、担当するユーザのみを表示して対応することができます。 これにより、管理タスクを最も効果的な場所で実行することができ、組織の生産性を向上させます。

Microsoft MVP for Office Servers and Services

Office 365内での代理管理は、内蔵の機能に制限があるため、実現が困難です。 しかし、Novaを利用すれば、担当するユーザのみを表示して管理でき、アプリケーションに複数のTenantを追加することも可能になります。 あらゆる規模の組織で、Office 365環境のための代理管理ツールを活用することができます。

Dominik Hoefling Microsoft MVP for Office Servers and Services
承認ポリシー

承認ポリシー

承認ポリシーにより、代理の管理者は、特定のユーザセットに対して定義済みの処理を実施できるようになります。 承認ポリシーで定義される処理により、代理管理者が表示または実行できる内容を細部にわたり制限する機能が提供されます。

このポリシーは、Office 365やオンプレミスのユーザ、Microsoft Teams内のチーム、メールボックスなどのオブジェクトに適用されます。 パスワードの設定、Teamsチャネル作成、ADグループへのユーザ追加、不在通知の設定など、100以上の処理が実行できます。

ライセンスポリシー

ライセンスポリシー

ライセンスポリシーにより、組織はOffice365ライセンスを割り当てる機能を委任できます。 例えば、代理のライセンス管理者はE3とE5両方のライセンスのクォータを付与できます。

E3ライセンスの場合は、Exchange、OneDrive、SharePoint、およびTeamsのみに制限されます。 E5ライセンスの場合は制限が解除されます。 ライセンスがリクエストされると、代理のライセンス管理者は適切なライセンスを割り当て、その分のライセンスがクォータから削除されます。

設定ポリシー

設定ポリシー

設定ポリシーは、仮想OUのユーザにルールを適用します。 例えば、すべてのユーザに対し多要素認証(MFA)を有効化する、特定のMicrosoft製品の利用場所を設定する、特定のライセンスタイプを割り当てるなどが可能です。 これにより、ユーザ、グループ、およびその他のADオブジェクトの設定が、そのユーザのグループに適切と見なされた内容に従って正しく設定されます。

設定ポリシーにより、ポリシーが適用されるオブジェクトを標準化することで、特定のグループや部署に標準設定が確実に適用されるようにします。 例えば、営業部の仮想組織ユニットがある場合、このコンテナ内のすべてのユーザは、部署の属性が「営業」と設定されます。 あるユーザがこのコンテナに移動されると、そのユーザは「営業」の設定ポリシーに準拠するようになります。

今すぐ開始する

ご連絡ください。業界で一番の、Office 365の代理管理ツールの詳細をご紹介します。