Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Microsoft Teamsの移行

最近のグローバルな労働力の仮想環境へのデジタル変革により、Microsoft Teamsの導入が急速に加速し、世界中の組織にとって必要なワークロードとなっています。

当初、Office 365 Tenant to Tenant移行の焦点は、Microsoft ExchangeまたはOneDriveのみでした。 現在ではこれらのプロジェクト範囲が大きく拡大しており、Microsoft Teamsの別のTenantへの移行は、合併、買収、売却を成功させるための重要なステップとなりました。これは、Teams内に膨大な量の貴重なビジネスデータが含まれているためです。

Migrate Microsoft Teams to another tenant: What you need to know 04:03

Teamsの別のTenantへの移行はなぜ困難なのでしょうか。

Teamsの別のTenantへの移行は困難
その答えは簡単です。Teamsを、あるTenantから別のTenantへ移行するネイティブの機能が実装されていないためです。 Microsoftは最近になってようやくデータの読み書きができるAPIをリリースしましたが、移行オプションがない領域があり、まだ万全とは言えません。 幸い、時間と共にMicrosoftは機能をさらに提供しているため、エコシステムは改善しつつあります。

Teamsの移行に関する一般的な課題とは何でしょうか。

Teamsの移行に関する一般的な課題とは何でしょうか。
複数のアプリケーションが1つにまとめられ、ツールが急速に導入されているため、チームの移行には、別の大きな移行の課題があります。 移行が必要となった時に、組織の準備が整わず、あわててしまう可能性があります。 移行の範囲設定、計画、および実行が適切ではない場合、影響が広範囲に及ぶこともあります。 TeamsのTenant-to-Tenant移行プロジェクトのほとんどは、合併、買収、売却に関係するものです。 Microsoft Teamsの高い使用率とこれらのプロジェクトの速いペースは、非常に困難な場合があります。

Teams移行ベンダーに求めるものは何でしょうか。

Teams移行ベンダーに求めるものは何でしょうか。
重要なのは、豊富なMicrosoft Teams移行経験を持つ企業とその製品を選択することです。 計画のプロセスでは知識と経験が不可欠です。移行できるものとできないものを区別する際、時間がかかる可能性がある問題を特定し、その問題を削減する必要があるためです。 これにより、最善のプロジェクト成果を導き出し、ユーザの効率的な協力体制を維持することができます。

QuadrotechのMicrosoft Teams移行の手法

Migrate Microsoft Teams to another tenant: What you need to know 04:03

Quadrotechでは、APIの制約の中で作業を行い、プロジェクトと組織にとって正しい判断ができるよう、できる限り多数のオプションを提供します。 このため、一部のケースでは、Teamsごとに異なるオプションが必要となります。

どの手法がプロジェクトを成功させ、最も大きな成果をもたらすかを決定するため、当社のエキスパート・コンサルティング・チームが、貴社のプロジェクトマネージャ、ITチーム、および選定パートナーと連携し、可能な限りベストなソリューションの適切な範囲設定、設計、およびレビューを行います。 また、コンサルティングチームは、プロジェクト全体の監視も提供し、必要に応じてあらゆる時点でも再関与できます。 このコラボレーション手法により、Microsoft TeamsのTenant間の移行において最善の環境をユーザに提供することができます。

Microsoft Teamsの移行オプション

当社で最も人気があるオプションは��チャネルのチャットメッセ���ジをターゲットのチームに移行するオプションです。 現時点Microsoft APIでは、ユーザのなりすましやメッセージを遡るサポートをしていませんが、当社ではアイテムのメタデータをチャットメッセージに流し込むことができます。 また、メッセージへの返信も保存できます。

2番目のオプションは、サポート対象のすべてのチャットデータをファイルに移行し、そのファイルをターゲットのチームまたは中心となるチームに保存して、参照してもらうというオプションです。 この2つのオプションは、必要に応じていくつかの方法で組み合わせることができます。

また当社では、大規模なカットオーバー移行で、できる限り多くのチームを移行できるよう、事前同期もサポートしています。 事前同期を行うことで、取り込み条件に制限のある中で作業を行い、プロジェクトや関連するタイムラインを予定通りに進めることができます。
経験豊富なMicrosoft Teams移行ベンダーと作業する

経験豊富なMicrosoft Teams移行ベンダーと作業する

経験豊富な移行ベンダーパートナーと作業を行うことでリスクが低減されます。またエラーの減少と有効性の向上により、初回で業務を正しく完了することができます。 Quadrotechのマネージド型サービスでは、2011年よりさまざまな組織のEメールデータ移行を成功させています。16ペタバイト以上のデータと、数百の企業顧客の数百万のユーザを移行してきました。

当社では最も複雑とされるOffice 365のグローバルなTenant to tenant移行をいくつか実行しており、MicrosoftのワークロードおよびAPIにより、日々プロセスを最新に保っています。 これにより、ビジネス要件やユーザ要件の決定など、移行に関するビジネスの側面に集中でき、かなりの時間を必要とするヘルプデスクやエンドユーザの準備を万全に行うことができます。

当社のコンサルタントチームと運用チームが、成功を生み出す協同プロセスの一環として、貴社のプロジェクトマネージャ、ITチーム、選定パートナーと共に作業を行います。 当社は迅速に運用サイクルを確立し、実証済みの手法により、不明点を大幅に減少させます。

1対1の統合から、120を超えるTenantの一本化まで、さまざまなプロジェクトで成功を収めた実績により、多数のお客様に繰り返しご利用いただいております。

今すぐ開始する

Microsoft TeamsのTenant間の正常な移行を確実にします。